脱毛を受ける前の自分での処理方法

エステティックサロンやクリニックで、プロから脱毛を受ける前の、自分でのムダ毛の処理方法には一定のルールがあります。ムダ毛は短くカットをしておく必要があるので、自分でのお手入れをしますが、毛を抜く方法ではないです。

毛抜きで毛を1本1本引き抜いてしまうと、根元の黒い部分がなくなります。クリニックのレーザーもサロンの光も、根元の黒い部分がないことには、照射をしても反応ができないので効果が見込めなくなります。ツルツルになるからといって、自宅でワックスで毛を抜くのも、毛抜きと同じとです。

根元から毛を一気に引き抜くのが、ワックスでのお手入れ方法となりますので、ワックスも控えるべきです。除毛クリームやワックスは使わないこと、あくまでも毛の根っこ部分は残っている必要があります。

サロンの光もクリニックのレーザーも、毛乳頭の黒い部分があってこそ、結果へと導くことが出来るために、根元は残すということが鉄則です。脱毛を受ける前にする自分での体毛の処理は、シェービングをする方法です。T字のカミソリでムダ毛を剃る方法ができますし、もっと安全性が高い方法もあります。

家電量販店で市販をしている、顔用の電池式シェーバーを購入して、体毛のシェービングをする方法です。美容家電でもある顔用の電池式シェーバーは、安全性を第一に設計されています。

顔だけではなく、体も自由自在にシェービングができますから、カミソリみたいに危なくはないです。